五段階理論と心構え

about04

心構えから学ぶ護身術

すぐに技を行使するわけではありません、それ以前にこのような護身を心がけます

1 心 構 え・気 構 え

「護るチカラを身につけよう」
という気持ちを持ち、知識を学び、実際に訓練していくこと。
これによって心構え・気構えを身につけます。

2 危険を察知

危機的状況にいつ出会うか分かりません。
突然目の前で事件が起きることもあります。
状況の変化、環境の変化をいち早く察知することが重要です。

3 セルフコントロールによるトラブル回避(接触前)

トラブルを自ら引き寄せることがあります。
誰かに因縁をつけられたり、チンピラに絡まれそうになった時‥
つい睨み返したり売り言葉に買い言葉のようなことをやってしまうのです。
「頭を下げても人間は下がりません」 自らの感情をコントロールする方法を学ぶことが大切です。

4 平和的解決(接触後)

出来るだけ話し合いの余地を残せる対応 ( 技術 ) が必要です(パームガード)

5 最終手段としての技

「自分の命や大切な人を護らなければならない」
という急迫不正の局面 ( 命の危険がさらされた局面 ) で初めて最終手段としての技が使用されるのです。

多くの人は護身術を誤解しています。
具体的な技だけが護身術ではありません。

心構えから学び、危険を察知することを学び、 哲学、セルフコントロールを学ぶ。

これ全て護身術なのです。

そして五段階のうち出来るだけ早期に解決することが 重要であることは言うまでもありません。

DSC_1094

日常生活の心構え

・ 人としてのルールを守る

ルールやモラルを守り、お互いが譲り合うことで、余計な争いや諍い(いさかい)を避けることができます。

・ だろう生活の禁止

「このくらい大丈夫だろう」
「まさか自分が襲われることはないだろう」
「いつも通っている道だから大丈夫だろう」
こういう油断が犯罪者に隙を与えてしまうのです。

・ 安全を確かめる

周囲を確認して怪しいなと思ったらルート変更する。
「歩きスマホ」で周囲に気を配らずに歩くようなことはしない。
家のドアを開ける前に必ず周囲を確認する。
不注意が犯罪者の接近を許してしまいます。
周囲の確認は怠ることなく行いましょう。

・ セルフコントロール

これはとても大切な心構えです。
剣護身術でも「セルフコントロールの大切さ」を口を酸っぱくして伝えております。
つまならいプライドや短気、イライラが争いの原因になることが多いです。
出来るだけ穏やかな心を維持することが大切になります。

この心構え、交通安全の心構え と共通しているのです。

・交通ルールを守る
・だろう運転の禁止
・安全を確かめる
・セルフコントロール(イライラしない)

普段から安全運転をされているように、どうか日常生活 においても安全生活を心がけてください。

福岡セミナー

実際に襲われたときの心構え

その場からいかに早く脱出するか、無事生還するか が中心

この場合の心構えは二つです。

一つ、 気持ちで負けないこと

護身術はエスケープ(逃げる)が目的ですが、気持ちまで逃げてはいけません。
「お前の自由にはさせない!!」
そういう強い気持ちが絶対に必要です。

二つ、 最後まであきらめないこと

あきらめたらそこで終わりです。
自分の大切な人生、命を護るためにも最後まであきらめてはいけません。

そしてこの二つの心構えは、 人生を生きる上で自分を助け、 自分を護ってくれる「人生の護身術」ともなるのです。